四方山会
四方山会とは?|一緒に踊ろう!!|活動紹介|活動報告|会員用ページ(現在準備中)

2014年5月アーカイブ



 

IMG_4047.JPG IMG_4043.JPG

IMG_2795.jpg

 

5月27~28日の2日間、江南公民館にて花笠教室を実施しました。

六魂祭明けと言うこともあり、年齢層も幅広く多数の方に参加していただきました。

花笠教室は入門編と言うこともあり、花笠踊りは初めての方向けのお話をさせて頂きましたが、皆さん先入観無く話に耳を傾けていました。
農耕文化がもたらした腰から体を持って行くナンバの動きと、日本の民俗文化の踊りの基礎となる二拍子、そして花笠踊りに取り入れられた型の意味など、基本を伝えつつ皆さんには尾花沢五流派の中から「安久戸流」を一曲選び指導させて頂きました。

短時間で一曲を伝え切れるか心配ではありましたが、参加者の熱意と筋の良さに助けられ、帰る頃には皆が揃えて踊れるまでになりました。

花笠教室が終わると、いよいよ8月の花笠パレードに向けたスタートの火蓋が切られます。
新たな会員を迎えて、祭の熱い鼓動が加速する季節です。

6月末日まで新規会員を募集しておりますので連絡お待ちしております!
 

DSC_0036.jpg DSC_0051.jpg DSC_0109.JPG DSC_0107.JPG DSC_0106.JPG 1401086391124.jpg

東北六魂祭2014山形「起」

多くの悲しみや傷みを残した東日本大震災。インフラだけでなく、心の復興も願い始まった「東北六魂祭」は今年4回目。ここ山形市で行われ、東北六県の祭りが一堂に会するパレード以外にも、音楽イベントや物産市など盛りだくさん!多彩な祭りとなりました。

私ども四方山会が参加したパレードでは、山形伝統工芸御輿、花笠踊り、盛岡さんさ踊り、福島わらじまつり、仙台すずめ踊り、青森ねぶた祭、秋田竿灯まつりが披露されました。
想像以上の人出に驚きましたが、はるか遠くのほうで見ていらっしゃるお客様にも届け!とばかりに、精一杯、笠を回しました。
総勢400人が心を合わせた山形花笠踊りは、一つの美しいうねりになり、きっとこれまでになく壮麗だった事でしょう。
もし叶うならば・・・PAから流れる音楽ではなく、「さんさ」や「すずめ」「ねぶた」の様に生のお囃子で“祭の鼓動”をお客様と共有できれば、なお良かったと思いました。

山形へお越し下さったお客様、誠実対応のスタッフの皆様、大規模交通規制での速やか誘導の警察の皆様、実行委員会の皆様、開催にあたりご尽力された全ての皆様に感謝申し上げます。

計り知れない「祭りの力」は、人の心を一つにし、物事は「起こっていく」。正に「起」を体現した「東北六魂祭」でありました。ありがとうございました。


日時:平成26年5月24日(土)、25日(日)
場所:市内中心部パレードコース(旅篭町十字路~山形五中西十字路)
参加者:50名(24日)、51名(25日)

報告者:沼澤

 

!cid_90148E9D-116D-4FA6-AA13-88AA71A85EF8.jpg !cid_8502A646-AC4E-40B9-88BD-66886120B980.jpg !cid_4C980A4C-2B4B-4283-B684-24490C6E7500.jpg

「東北ブロック老人福祉施設大会」

踊りをご覧頂く前に、少々お時間を頂戴しまして、東北各県からお集まりの皆様へ、四方山会の花笠踊りについてお話しさせて頂きました。

当会は、祭りで街を元気にしようと老若男女が力を合わせ活動している事。
当会の踊りには、農作業中の動作や仕草が組み込まれている事。
「ヤッショ、マカショ」の掛け声と手拍子で、皆様にも踊りに参加して頂きたいとお願い。

とても興味深げに耳を傾けて頂き、また、大きな手拍子で盛り上げて頂き、本当にありがとうございました。

まもなく開催される「六魂祭」に参加する事をお話しした際には、会場の隅々から温かく力強い拍手を頂きました。皆様のこれまでの様々な思いを託されたように感じ、なぜか涙が出そうになりました。
真の復興に向けて着実に進んで行けるよう、東北の力を結集してみせましょう!四方山会の底力をみせましょう!躍る四方山!魅せる四方山!


日時:平成26年5月15日(木)
場所:ホテルメトロポリタン山形
参加者:鏡(佐)、大山、設楽、石澤、高橋(千)、百瀬、高橋(優)、沼澤 以上8名

報告者:沼澤

 

!cid_D965E860-B9B3-41F3-B33B-909258271ECF.jpg !cid_AB7B9510-8AFD-43FA-9525-D7A2EF8938C7.jpg !cid_49D07AE7-0C71-46AE-8EA2-BA9F32E6E445.jpg

山形ディスティネーションキャンペーン開催の1ヶ月前にあたり、仙台市において、夏の山形の観光PRと「日本人の心のふるさと 美しい山形」をPRする山形DCの告知イベント(13日〜18日まで開催)のオープニングとイベント広場での山形PRで踊ってきました。

仙台の方々の温かい拍手に後押しされて、思わずアンコールにも応える一幕もあり、楽しく山形を表現出来たかと思います。今回は4人だけの参加でしたが、是非山形に来て沢山の人々が踊る祭りを観に来ていただけると嬉しいです。

日時 平成26年5月13日(火)

場所 仙台市 東北電力グリーンプラザアクアホール
参加者 
4名

隊長 樋口

 

image.jpeg

「みちのく阿波おどり」山形協議会設立総会が開催され次第に基づき、今年度の「みちのく阿波おどり」in山形に向けての組織が決定しました。
9月6日(土)のお祭り開催に向けて一致団結して進んでいきたいと思います。

 

« 2014年4月 | メインページ | 2014年6月 »